BlogWeb制作の小さなテクニック集

【fortiguard】図書館など公共施設の無料Wi-Fi「ページがブロックされました!」となったときの対処法

図書館や行政の施設等の無料Wi-Fiに接続して、どこかのWebサイトを見ようとしたときに「ページがブロックされました!」と表示された場合は、カウンターまで行かずとも、下記の手順で回避できる場合があります。(ちなみに私は岩手県の一関図書館でこのようになりました。)

ページがブロックされました!
アクセスしようとしたサイトは以下の理由によりブロックされました。
アクセスする必要がある場合はお手数ではございますが、カウンターまでご連絡ください。


URL(アドレス): 閲覧しようとしたURL
カテゴリー: 新たに観測したドメイン
クライアントのIPアドレス: 192.168.10.30
接続先IPアドレス: 157.7.44.231
ユーザー名:
グループ名:

カテゴリーが誤っている場合は ここをクリックしてください。 .

ページがブロックされたときの対処法

ここをクリック のボタンを押します

FortiGuardのシステムに、URLを登録することで、目的のWebサイトが閲覧できるようになります。

Wrong Category ?

FortiGuardに登録Click Hereのボタンを押します。

Live URL Rating Support 登録フォームに情報を入れる

FortiGuardに登録フォームに情報を入れましょう。公共の図書館などに導入されているシステムなので、安全です。

Name ニックネームでOK
Company 「Japan」と入力
Email ご自分のメールアドレスを入力。フリーメールでOK
(スパムメール等は届きません)
Reason (Optional) 空白でOK
Suggested Category (Optional) 空白でOK
Verify 画像のアルファベットを入れましょう

自動的な承認作業

FortiGuardの承認Live URL Rating Support
Your request is under review, we expect it to be completed in around 5 minutes
などと表示されますので、数分待ちましょう。

登録完了

Thanks for submitting your request.

The category is now Meaningless ContentIf you strongly believe this is incorrect, [Click here] to elevate the request to a support manager.
They will review it in the next 24 hours

このメッセージが出た時点で、見たかったWebサイトが閲覧できるようになったはずです。

そもそも、FortiGuard Web Filtering(フォーティネット)とは?

主に公共機関等で無料ネット接続に使われるセキュリティシステムのようです。
ページを見ただけでウィルスに感染するようなスパムサイトから閲覧者を保護する目的と思われます。

FAQよく頂くご質問

お客様の疑問にお答えします。

Contactお問合せ

ご不明点はお気軽にお問合せ下さい。