Column目黒のWeb制作コラム

素晴らしき「脱SEO」- Google検索順位に振り回されないための考え方

はじめに

「SEO対策」という言葉をご存知でしょうか。
エスイーオー対策と読みます。「Search Engine Optimization」の頭文字でSEOです。
簡単に言うと「Googleなどの検索で、自サイトを検索結果の最初のほうに持ってゆこう」とする試みのことです。

例えば、「目黒 ホームページ制作」や、歯科医院であれば「一関 インプラント」など、地名や商品名で検索されたときに自サイトが最初のほうに表示されれば、集客・集患に有利に働きます。

検索上位にくることは良いことに間違いないのですが、この競争が過熱しすぎたため、やや困った問題に陥りがちなのがSEO対策です。

そして「脱SEO」とは、文字通りSEO対策から開放されよう、という当社の方針なのですが、その理由をお伝えします。

なぜ当社は「脱SEO」の方針なのか

1つ目の理由は、検索順位の維持や回復は非常に難しく、お金と時間がかかるためです。
どのHPも検索上位に置くため工夫(つまりSEO対策)をするので、当然のことながら競争が生じます。
また、Googleの検索結果は頻繁にアップデートが実施されるため、先日までは自分のサイトが1位表示だったのに、いきなり30番目くらいに急降下した、という現象も頻繁に起きます。
新規の顧客集めをHPに頼っている方からするとまさに死活問題なのですが、順位を回復する確実な方法がなく、恐ろしく手間暇がかかるのです。

2つ目の理由は、SEOを意識しすぎることで、不自然で使いづらいWebサイトになってしまうためです。例は後述します。

「閲覧者に有益な情報を提供する」のがWebサイトの本質的な役割ですが、SEOの特性上、それを後回しにしてまで順位回復に躍起にならざるを得なくなります。
なので、当社では「脱SEO」を基本方針としています。(SEOの手を抜く、という意味ではありません。過度にSEOは意識しない、ということです)

脱SEOをすすめる理由1、時間とお金がかかる

SEOにはいくつか定石的な手法が存在します。

  • titleタグに目標キーワードを入れ込む(2個までが望ましい)
  • h1タグにも目標キーワードを入れる(これは1つに絞ると良い)
  • meta keywordsは、3個から5個くらいの単語を入れる。それ以上、多数キーワードを入れると逆にデメリットになり得るので、言葉は厳選する
  • 本文は1ページ2,000文字くらいあると良いので、文章が短いページは付け足す
  • 本文中に占めるキーワードの割合は5〜7%くらいが良い
  • たくさんページを見られる工夫をする。例えばページの行き来がしやすい作りを心がける。あるいは単純にページ数を増やす

などがよく言われるものです。

要は「Googleの検索システムに好まれるようにWebサイトを直す」ということです。
即時に修正が反映されて順位が回復するわけではないので、比較的長期で様子を見る必要があります。そして、懸命に上記の修正を行ったとしても、順位が回復しないことがあるのです。
「こうすれば検索の上位に表示され続ける」と言い切れないのがSEOの怖さであり、そのためいつまでも試行錯誤の繰り返しで対策に追われ続けることになります。
要は、時間とお金がかかります。

脱SEOをすすめる理由2、人間から見ると不自然・不便になりがち

順位が安定しないとしても、SEO対策はやり続けても良いのでは?と思われる方もいらっしゃるかもしれません。これはごもっともな指摘ですが、当社の考え方は違います。
SEO対策とは「Googleの機械に好まれるようにサイトを作る」作業であるので、意識しすぎると人間から見れば不自然な作りになるためです。
いくつか例を紹介します。

キーワードを気にしすぎて、地名だらけの文章になってしまう

「目黒 歯科」という言葉で上位検索されることを意識しすぎて、ページ内容が不自然にその言葉だらけになりがちです。

目黒にあるベルキーファ歯科は、歯科医院として目黒の地域医療に貢献するため、目黒の患者様に良質な歯科診察を提供します。
桜で有名な目黒川にも近いため、目黒駅や中目黒駅、目黒線の不動前からも徒歩で来ることが出来る便利な歯科医院です。

極端にいうと、上記のようにページ改修することになります。
言いたいことはわかりますが冗長すぎます。(もちろんもっと自然には書くでしょうが)

かつては「同じ地名がたくさん書いてあるので、これは目黒で重要な歯科医院HPかもしれない」とGoogleの機械が判定してました。
しかし、この傾向を逆手に取って、目黒に関係のない文章を掲載したHPが検索上位を占めるようになったので、Googleも判定方法を日々変更するようになりました。昨今ではこの手法は通用しないどころか、悲しいことにスパム扱いされて検索順位が下がります。

最近は見ませんが「当社の対応地域」などと書いて、細かい都道府県名や市区町村名を羅列したものもこれにあたります。検索する人からすれば関係のない地域のHPで検索が埋め尽くされるわけですから、害悪にも程があります。

ページを細かく分割してPV数(閲覧回数)を稼ぐ

PV(ページビュー)数が多いと、Googleから良いHPであると判定されることがあるため、無理やり「次のページへ」と分割してページ数を稼ぐHPが横行した時期がありました。大手のニュースサイトなどで見たことがある方も多いと思います。
同じページに全部掲載すれば良いものの「SEOに良いらしい」ということで、閲覧者の利便性を犠牲にしてまでこれを導入するのです。当然HP修正費用もかかります。
読む側からすれば面倒と感じる人もいるでしょうし、スマホ閲覧だと無駄な通信費が生じます。読み込み時間もかかるので、離脱してしまう閲覧者もいることでしょう。

よそのHPから自分のHPにリンクをしてもらう

Googleには「リンクを集めるWebサイトは良質である」という考え方があります。これは私たちもとても理にかなっていると感じます。
たとえば美味しくてお洒落なアイスクリーム店があれば、ブログやSNSでアイスの写真ともに拡散されますが、自然発生的に話題になることはとても良いことですし、Webの特徴的利点の一つです。

ただ、またもやこれを逆手に取って「うちのHPで記事を書いて、あなたのHPにリンクをします」というサービスが流行し始めたのです。
いわゆる「被リンクサービス」というものですが、「毎月たったの10万円で、約3,000の自社管理HPからリンクを飛ばします」というものもあり、とんでもない過熱ぶりです。いまでもこの類のサービスは検索すれば見つかるはずです。
一時期、芸能人のブログで問題になった「ステマ」も似たようなものです。欺く相手がGoogleの検索システムか、ブログ読者かの違いでしかありません。

この手法はGoogleをうまく騙せて、一時は上位表示されるようになったのですが、検索システムの精度が高まって「このような広告リンクを使っているHPは、順位を低下させる」ようになってしまったのです。
まずいことに、こういう業者はリンクすることは早くても、外すのに時間がかかってしまったり、申し込んだサービスが停止していて被リンク解除ができない状態になると、いつまでも順位低下の原因として残り続けてしまいます。
解決できずに自分のURL変更を余儀なくされた例もあります。

サイト内にページを量産する

Webサイトの規模(ページ数)が大きいほどSEOに好影響を及ぼす、ということで、スタッフさんによるブログをサイト内に設けることが流行った時期がありました。ブログは1記事につき1ページ増える仕組みであり、しかもスタッフさんが書くのであれば、それほど費用もかかりません。
また、例えば法律事務所だったら「用語集」など、専門用語1つにつき1ページで説明するような工夫もあります。
「規模が大きい=良いサイト」というのも判定法としては自然に感じます。

ただ、またこのGoogleの性質を利用して、コピペ文章で安易にページ量産したサイトが検索上位を占めるようになってしまったのです。
Google検索の判定で、主業務に関係が薄いページが大量にあった場合は、順位を下げるような傾向に変わってしまいました。
そのため、なぜか急に検索順位が大幅低下したHPで、試しにブログ記事数百ページ(持ち回りでスタッフさんが一生懸命に書いていた食事会やお出かけなどの記事)を削除したところ、順位が回復した、という事例がありました。

これは「SEO的にはうまく解決できた」と言えるのかもしれませんが、そのブログをいつも楽しみにしていたお客様からの閲覧を失うことになり「順位は回復したがPVは大幅に下がった」という、なんとも言えない結果となりました。

私たちが「脱SEO」という方針を設定したのも、このブログの件が大きく影響しました。「行き過ぎた検索順位争いのため、スタッフさんの積み重ねと閲覧者の楽しみが犠牲になった」ように感じられたからです。

SEO対策をせず、どうやって閲覧を集める?

私たちの方針は「SEO対策を全く行わない」ということではありません。
上に書いたタイトルタグや、hタグ等を適切に使うことは言うまでもありませんが、そのほか一通りの対策は行います。

ここで言う脱SEOとは 「TOPページが大きなキーワードで検索されるようなSEO対策は無謀で疲れるので、良質な記事をたくさん公開して、もう少し小さなキーワードで閲覧を集めよう」という主旨です。

例えば「目黒 ホームページ制作」の検索結果は約160万件ありますが、「目黒 歯医者 ホームページ制作」と1段階下げた場合は約60万件と、競合の数が1/3に減ります。
小さな検索語句のほうが上位表示されやすく、さらには自社の顧客となる可能性が高い検索者へピンポイントに訴求できる長所があります。Googleの検索結果変更に慌てることもなくなります。

まとめ

SEOという言葉が一般化する2010〜2015年くらいまでは、小手先のテクニックで上位表示が実現できていました。「こうすれば検索が上がる」という方法がいくつか存在していたのです。
SEOとはGoogleの検索システムの性質をかいくぐって検索上位を実現させる手法でもあるため、常にいたちごっこが続きます。
対策をやりすぎると逆にデメリットにもなり得ます。
そして、人間から見ると「使いづらくて、そんなにおもしろくないWebサイト」になってしまう可能性があるのです。
ですから当社は「検索順位は大切ではあるが、過度なSEO対策は行わない」という方針のもと、小さなキーワードでたくさん閲覧してもらえる人の心に届くWebサイト制作を目指しています。

FAQよく頂くご質問

お客様の疑問にお答えします。

Contactお問合せ

ご不明点はお気軽にお問合せ下さい。