Column一関市・奥州市のHP制作コラム

【まとめ】「小規模事業者持続化補助金」でホームページ制作費、最大100万円が給付されるそうですが、公式情報が分かりづらいためまとめました

この記事の著者:一関のHP制作会社 ベルキーファ

HP制作費に補助金が受けられます

ホームページ構築費・リニューアル費に購入金額の2/3(上限50万円)が支給される制度があるそうです。
※コロナ特別対応型なら最大で購入金額の3/4(上限100万円)まで補助。

補助対象

非対面販売のためのホームページ作成・改良、店舗の改装、チラシの作成、広告掲載など

コロナ特別対応型

コロナの影響を受ける中、営業継続のため、来店しない顧客への販売開始目的の場合だと、最大100万円の助成を受けられる。
※もともと来店型事業の方で、来店促進目的のHPではコロナ対応にはならない模様です。

■公式情報
中小企業生産性革命推進事業
案内PDFファイル

地域の商工会議所で相談ができるようです。
HP制作を検討されている方は、ぜひともご活用下さい。

公式情報が分かりづらいため、まとめ

小規模事業者とは?

業種ごとに異なるようです。

  • 商業・サービス業
    常時使用する従業員の数が5人以下
  • サービス業のうち宿泊業・娯楽業
    常時使用する従業員の数が20人以下
  • 製造業その他
    常時使用する従業員の数が20人以下

どんな取り組みが補助の対象になる?

広告作成(ホームページやチラシ)など。

いくら補助金が出る?

該当経費の2/3以内、最大50万円。

コロナ対応版の100万円補助の条件

  1. 「サプライチェーンの毀損への対応」、「非対面型ビジネスモデルへの転換」、「テレワーク環境の整備」のいずれか一つ以上の投資に取り組むこと
  2. 持続的な経営に向けた経営計画を策定していること

「サプライチェーンの毀損への対応」の意味がわかりませんので、これは調べた上で追記いたします。

補助金がもらえるタイミングは?また、貰えない場合もある?

後払い。(申請が認められた場合、補助がおりる)
貰えない場合もありえるとのこと。

応募はいつまで?

■50万円までの通常型
第3回公募:2020年10月2日までに申請
1回、2回は締切済み。
2021年2月に第4回公募を行う予定とのこと。

■100万円までのコロナ対応型
第1回公募:2020年10月2日までに申請
第2回があるのかは不明

問い合わせ先は?

地域の商工会議所(非会員であっても相談可能)

一関の商工会議所に相談しましょう

スムーズに助成を受けるために、商工会議所に相談するのが良いようです。

FAQよく頂くご質問

お客様の疑問にお答えします。

Contactお問合せ

ご不明点はお気軽にお問合せ下さい。