Column一関市・奥州市のHP制作コラム

一関市でインバウンドマーケティングを成功させるにはHP運用がおすすめ

この記事の著者:一関のHP制作会社 ベルキーファ

はじめに

「インバウンドマーケティング」という言葉をご存知でしょうか。
ここ数年でWeb界隈で流行になっていることばで、要は、顧客に「見つけてもらう」ための施策を指します。

簡単に言うと

  • ホームページに有益な情報を掲載して自社を検索してもらう
  • インスタグラムで写真を見てもらい、興味を持ってもらう
  • Youtubeなどの動画で見てもらう

ことです。
インバウンドマーケティングのメリットとしては、従来の広告費(紙媒体への広告出稿費、テレビやラジオのCM費)をかけずに、自社商品・サービスを潜在顧客に見てもらうことができます。

ホームページ制作は、もっとも手軽なインバウンドマーケティング

インバウンドマーケティングの基本は「潜在顧客に見つけてもらう」ことなので、その対策にはホームページがうってつけです。

商品・サービスをを訴求するページを制作して、見込み客の興味・関心を深めたり、問題解決に役立つ情報を提供して、関連するものを購入してもらう仕組みが、HPでは容易に実施することができます。

HPでどうやって顧客の興味・関心を引くか

たとえば、当社のサービスは「HP制作」です。
ホームページで実現できること、持つメリット、PV数の稼ぎ方など、ページの全てが潜在顧客に向けて発信しているものです。
黙っていては人に知ってもらえませんので、ぜひとも発信してみましょう。

HPでできる「問題解決」とは?

下記のような、一般的な企業が抱える問題の多くを解決しうるのがホームページです。

  • 商品が売れないから、知ってもらいたい
  • 自社のブランド力を高めたい
  • 優秀な人材を採用したい
  • 社名の認知度を高めたい

会社の外の人に、上記を伝えるのはなかなか困難ですが、ホームページがあれば、関連キーワードで検索してくれた方に「伝える」ことはできます。
HP運用と向き合うことで、ご自身の発信力も高まりますので、すでにHPを持っている企業さんであっても、業者に丸投げせずに、自社のWebマーケティングを真剣に考えてくれるHP制作業者に依頼することをおすすめします。

効率よく見込み客に伝えるために心がけること

マーケティング全般に言えることですが、「誰に向けて」情報を発信するかが極めて重要です。
※これも最近Web業界での流行り言葉「ペルソナ」というものがあります。

ホームページを制作するにしても、闇雲に文章を掲載するのではなく、自社の見込み客になり得る対象(ペルソナ)を想像しながらページを構成しなければなりません。

ペルソナとは

もともとはラテン語の「persona:人格」のことです。
マーケティング的な意味では、サービス・商品の典型的なユーザー像を指します。
年齢・性別・居住地・職業・年収・趣味 など多岐にわたります。

ちなみに当社は、一関市内、あるいは平泉町・奥州市・気仙沼市などの近郊で

  • ホームページを持っていない企業
  • ホームページを持ってはいるが、活用できていない企業
  • HP業者に依頼はしているが、業者に丸投げのような状態になっていて、やや不満を持っている企業
  • Webマーケティングに力を入れたい歯科などのクリニック

をペルソナとして設定しています。
対象を明確にすることで、文章の書き方も具体的になり、潜在顧客により深く伝わるように心がけています。

もっと具体的にいうと、このページは「一関 インバウンドマーケティング」という語句で検索されることを狙って作っており、そう検索してこのページをご覧になった方はきっとHP制作にも興味があるはずだ、というロジックです。

これはどんな業種のHP制作にも通用する考え方です。
当社が得意としているのは、Webマーケティングの手法を駆使したホームページ運用です。

まとめ

「インバウンドマーケティング・ペルソナ」という概念を取り入れることで、いままでは広い層に訴求していた広告戦略をやめて、より絞った潜在顧客に伝えることが出来るようになります。つまりは広告費の削減対策にも成り得ます。
さらには、これからのマーケティングで必須となる力「Webを用いた発信力」の向上にもつながります。
ぜひともホームページを用いて、発信力の強化をお試しください。

FAQよく頂くご質問

お客様の疑問にお答えします。

Contactお問合せ

ご不明点はお気軽にお問合せ下さい。