FAQよく頂く質問

SEO対策とはなんですか?

はじめに

seo対策とは「検索エンジン最適化」のことです。
簡単に言うと、yahooやgoogleといった検索サイト経由で、自分のWebサイトをたくさん見てもらえるようにする技術です。

当社のSEOの方針

当社の方針として「過度にSEO対策を行わない」というものがありますが、これは「SEOの検索順位に振り回されず、地道に良質なページをたくさん作り、閲覧者に喜ばれるページを作りましょう」という主旨です。
もちろん最低限の対策はしますし、当然のことながら最新のSEO事情に照らし合わせてサイトを設計・更新いたします。

SEOは内部要素対策と外部要素対策の2点に絞られます。

要点をご説明すると

  • 内部対策は「検索エンジンにわかりやすいようにWebサイトを制作する」こと
  • 外部対策はよそのHPから沢山リンクをもらうこと

です。

内部要素

Webサイトは「htmlタグ」と呼ばれる言語で書かれています。このhtmlを、無駄なく簡素に書くことが重要であり、高い技術が要求されます。
SEO対策に有効な、内部要素対策をいくつかご紹介します。弊社で制作したサイトは、全てSEO対策を意識した構成になっています。
約20のポイントに基づいて設計をしています。ほんの一部ですが主要な例をご紹介します。

タイトルタグ

これが内部要素で最も大切なタグです。ブラウザの左上に表示される「サイト名」の箇所です。
ここに書いた言葉がyahooなどの検索結果に表示されるため、もっとも重要なキーワードを記述します。

本サイトでは、主に「一関 ホームページ制作」という語句で検索されるように目指しています。
ほか、地名を含めた細かい関連キーワード50こほどで検索上位されるように、記事ページを設けています。

ここで気をつけたいのは「地域の範囲を広げすぎないこと」です。一関を岩手県に変更すれば、それだけ対象が広がり、見込み客をたくさん引き込めそうな気がしますが、「岩手県」はとても競合が多く、検索結果の上位に表示させることが困難なのです。盛岡の方がご覧になっても、当社にHP制作を依頼されることは少ないと予想していますので、除外をしています。

なので弊社は小さなエリアに絞ってSEO対策をしています。

また「ホームページ」は、ほかにもいくつか呼び方があります。Webサイト・ウェブサイト・HPなど。
Googleの検索システムは常に進化を続けていますので、違う呼び方でも同一視してくれる傾向がありますので、表記の揺れは過度に気にせず、1つに絞ったほうが良いです。
歯科医院(歯医者)、美容室(美容院)なども同様です。

ここで欲張りすぎて全ての呼び方を入れてしまうと、検索エンジンから弾かれてしまう危険性があります(スパム扱いされる)。
TOPページだけでなく、全ページ内容に応じて設定する必要があります。


一関市のホームページ制作会社 | ベルキーファ

メタタグ

これは表面上には見えない部分のタグです。お使いのブラウザから「表示→ソース」を選択してみて下さい。記号の羅列のようなページが表示されると思います。

「メタタグ」と呼ばれるもので、ページの内容を端的に示したものです。
keywordsには3つほどのキーワードを、Descriptionにはページ内容の説明文を記述します。
ここでも欲張りすぎてキーワードをたくさん入れすぎるのはよくありませんので、前者は多くて5つ、後者は50-80文字程度に抑えましょう。


<meta http-equiv="Keywords" content="ホームページ制作,一関" />
<meta http-equiv="Description" content="一関市で最高品質のHPをご提供する自信があります。東京などの大都市圏に比べ、一関ではホームページ集客よりも、新聞広告・フリーペーパー・口コミ紹介などの媒体での集客が多いような印象です。ただこの状況は、数年もすれば大きく変化すると予想しています。" />

これもtitleタグ同様、全ページ内容に応じて設定する必要があります。

見出しタグ(hタグ)

ページ内の文章、各見出しは「hタグ」でかく必要があります。
h1からh6の段階があり、数字が少ないhタグほど、検索エンジンには重要視されます。

見出しタグの使い方の注意点は
・一番重要な「h1」は各ページに1つのみ(複数は設置しない)
・上から順に数値を増やして記述すること
です。

太字・文字色のタグ

サイトの文章内で、一部が太字になっていたり色が変わっていたりする文字を見たことがあると思います。これは「強調タグ」と呼ばれるもので、太字になっている文字を検索エンジンは重要な言葉として認識します。
かといって、全ての文章を太字にしたり色を変えてしまっては、相対的に目立たなくなってしまうので、言葉を選んで適切な箇所を強調する必要があります。

上記は内部要素のほんの一例に過ぎません。弊社ではWebサイトを制作する際には、数十項目にわたる内部要素をチェックし、検索エンジンに優しいhtmlで記述しています。

外部要素

これは、内部要素(制作面)ではカバーできない「被リンク対策」のことを指します。
被リンクとは、自分のサイトがどれだけのサイトからリンクされているか、のことです。
よそのサイトから沢山リンクされていればそれだけ「良いWebサイトである」とyahooなどは判定するのです。

つまり「良質のWebサイトや記事を書けば、自然とリンクが集まる」という考え方です。
しかし新規で作ったサイトでは、自然にリンクを集めるのは難しいのが現状です。
お客様のHPには、当社のHPからリンクをして、SEOの手助けを行うようにしています。

FAQよく頂くご質問

お客様の疑問にお答えします。

Contactお問合せ

ご不明点はお気軽にお問合せ下さい。